スポンサーリンク

僻地の山奥っぽくなってきた

 インド21日目 パルハキャンプ場〜レーから南に160km地点 湖畔 ラダック2日目・・・にして早くも身体が重たいのだが。むしろ昨日は峠越えせずトンネルはピックアップしてもらい楽な移動だった筈なのに。一体どういうことなのか? 昨日だけで1500m以上登ってるからだよ せっかくキャンプ場利用したので出発前にコンセント借りて電子機器を充電させてもらう。まだこの辺は普通に電気も電波もある地域だけど、ラダックにおける田舎は今でも普通に電気のない場所があると聞いたので。出来るタイミングで充電しとかねば。 んなことしてたら出発10時に ここの橋を渡ったところで 昨日終盤から続いた下り坂は打ち止めである。まだ標高2800mくらいある高所なのだけど、地図を確認する限り基本的にはひたすら上り坂が続く模様。凄いなラダック。 山の斜面にゴンパ(お寺)が見える 定期的に出てくる注意看板 英語における韻を踏んだ言い回しとかジョークを含むフレーズというのは難しい。この写真みたいに読めば分かる物もある一方で、私の英語力では何に引っ掛けているのか分からないこともあったり。 それより景色のダイナミックさよ 昨日は標高3500mに近付いた辺りで少々頭が痛いか・・・?と感じる場面があったのだけど、今日は全く問題なし。やっぱり高地を旅行するのであれば速度が遅くて嫌でも少しづつしか登れない自転車が1番だと思うのですよ。 し

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました