スポンサーリンク

半月かけてラダックのスタート地点へ

 インド16日目 カレリの町〜レーから南に約220km マナリの町 自転車旅行において宿選びで重要な点の1つに「自転車の出し入れが簡単か?」ということがある。本日の宿はその点において完璧というか、各部屋ごとに玄関口があるため荷物を積載したまま自転車動き出しができて楽だった。 全ての宿が同じだったら良いのに ラダックにおける前線基地となるマナリの町まで約50km。インド到着から半月をかけてようやくラダックのスタート地点に到着するのだと思うとアジアの中でも特に僻地にある地域というのがよく分かる。 ひたすら川沿いに沿って進む 昨日に引き続いて側道も広い主要道路を走ってるのだが、ちょいちょい道路が崩壊しており補修工事してるためそれほど安心しては走れない。 砂利でも拾ってるのか? どころか程なくして道路は片側1車線へと縮小されてしまい、でも交通量は減ってないのでなかなかストレス値の高い走行になってしもうた。僻地へと向かってる筈なのに車が減らないのはどうしたことか? マナリは観光地らしいから どうもラフティングとパラグライダーのアクティビティが人気なようだが、50も100も同業他社が連なってる状態じゃ脚の奪い合いも相当厳しいのだろうと想像できる。というか別の遊びを全然見かけないのはどういうことだ? バイクレンタル屋は沢山ある 地味に谷底最下点からの出発でマナリまでは標高1000mを稼ぐ必要があ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました