スポンサーリンク

みんなダブルスタンダード

旅行blog
 モロッコ67日目 ラーユーンの町 ということでラーユーンの休日。昨日の日記で西サハラに関してモロッコをボロクソに批判する書き方したし、私の心情的にはこの地域モロッコが実効支配してるけどモロッコのものではない・・・という気持ち。 その一方で 国土問題なんてのは何処の国も他国に対して綺麗事を語りつつ、自分の領土では身勝手な理論を振りかざしているので「まぁこんなものだよな」という気持ちが先に立つ。再出発してからの国だとスペインだって現代でも領土問題を抱えて批判を受けつつ好き勝手やってるのだし。モロッコだけをアレコレ言うのは違う気がする とりあえずラーユーンは近年になって一気に都市化が進んだ砂漠のど真ん中にある都市であることは間違いない。自転車旅行者にとってみれば厳しい砂漠の走行を続け、ようやく身も心も休める貴重な町なのだ。 運転マナーはちょっと残念だけど この土地に噴水を作るとは これが同じサハラでもスーダンの首都・ハルツームとかさ、色々とボロくて汚くてサービス悪くてあんまり休まらなかったもん。むしろその後に体調悪くして動けなくなったりした。 だから一介の旅行者としては、良し悪しはともかくこんな辺鄙な土地に住み良い町を作ったこととその住民に対して感謝とリスペクトを持つべきだよなと思ってる。それは別に何処の国でも同じだけど。 だから昼食は3軒廻った なお本日16時よりW杯モロッコ戦である

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました